HUKKATS hyoro Roc

綺麗好き、食べること好き、映画好き、音楽好き、小さい生き物好き、街散策好き、買い物好き、スポーツテレビ観戦好き、女房好き、な(嫌いなものは多すぎて書けない)自分では若いと思いこんでいる(偏屈と言われる)おっさんの気ままなつぶやき

《オペラ速報》パリの至宝健在!!アラーニャ降臨

f:id:hukkats:20240609080959j:image

【主催者言】

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:中村史郎)は、世界的なスーパーテノール、ロベルト・アラーニャの来日コンサート 「アラーニャ、降臨 ~ 待ち焦がれたテノール、ロベルト・アラーニャ ソロコンサート ~」を2024年6月9日(日) サントリーホール 大ホール(東京都港区)で開催します。

 オペラ界にスター歌手は数多くいるが、スーパーテノールといえばロベルト・アラーニャだ。ひと声聴けば彼だと分かる、オペラ界屈指の美声の持ち主である。シチリア系の両親を持ちパリで生まれたアラーニャはラテン系テノールの典型だ。若い頃ナイトクラブで歌いながら勉強してオペラ歌手になった彼は、人との間に垣根を作らない気さくな性格の持ち主で、それが舞台から感じられるのも大きな魅力である。そのアラーニャが東京でただ一度だけのコンサートを開く。何と日本で歌うのは18年ぶり。現在もMETやスカラ座など一流歌劇場で活躍を続けているが、その合間をぬっての来日である。輝かしいアラーニャの歌声に感嘆する一夜になるだろう。(オペラ・キュレーター井内美香)

【日時】2024.6.9(日)13:30〜

【会場】サントリーホール

【出演】ロベルト・アラーニャ(テノール)

〈Profile〉

 シチリア出身の両親のもと、フランスのパリ郊外クリシー=ス=ボワに生まれる。10代からパリのナイトクラブでポップスを歌い始めるが、マリオ・ランツァの映画『歌劇王カルーソ』や、歴史的テノールの録音に影響を受けオペラを志す。しかしその大部分は独学であった。現在フランスとイタリア両国の国籍を持ち、パリ在住。
 1988年にフィラデルフィアで開催されたルチアーノ・パヴァロッティ国際声楽コンクールで優勝し、同年にグラインドボーン・ツアー・オペラの『椿姫』のアルフレード役でデビューした。椿姫をフランスとイタリアの小都市を中心に150回以上歌い、その間に評判を得て主要な劇場に招かれる。1990年にスカラ座、1992年にコヴェントガーデン、1996年にメトロポリタン歌劇場にデビューしている。1994年にコヴェントガーデンでシャルル・グノーの「ロメオとジュリエット」のロメオ役で大成功をおさめローレンス・オリヴィエ賞を受賞、国際的スターの座を得る。

 2006年12月にスカラ座の2006/07シーズンの『アイーダ』でラダメス役をつとめたが、2回目の公演の1幕のアリア「清きアイーダ」で天井桟敷からブーイングを受けたことに抗議して上演途中で退場、上演の残りを代役が普段着のまま歌ったことで話題になった。スカラ座の聴衆は演奏家に厳しいことで有名で、頻繁に起きるブーイングの習慣については批判も多い。翌年のメトロポリタン歌劇場で同じラダメスを歌ったアラーニャに、聴衆はスタンディングオベーションを与えている。その後スカラ座には出演していなかったが、2013年9月、スカラ座より出演依頼を受けていることを明かしており、再三の出演要請に応じる形で2020年12月の開幕ガラコンサートで復帰している。

 フランスのオランジュ音楽祭(フランスの公共TVでゴールデンタイムに生中継される)と、米国のメトロポリタン歌劇場のライブHD(世界中の映画館に生中継される)の常連であり、オランジュ音楽祭では『椿姫』、『リゴレット』、『ロメオとジュリエット』、『カルメン』、『ラ・ボエーム』、『イル・トロヴァトーレ』、『ファウスト』、『アイーダ』、『道化師』、『カヴァレリア・ルスティカーナ』、『トスカ』、『トゥーランドット』、『オテロ』、『サムソンとデリラ』を、メトロポリタン歌劇場のライブHDでは『ロメオとジュリエット』、『ドン・カルロ』、『つばめ』、『カルメン』、『アイーダ』、『トスカ』、『マノン・レスコー』、『蝶々夫人』、『サムソンとデリラ』を歌っている。

 フランス政府は2008年にアラーニャに レジオン・ドヌール勲章(シュヴァリエ)を、2021年に同勲章(オフィシエ)を与えている。 

 

【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

【指揮】三ツ橋敬子
【曲目】

○プッチーニアリア特集
①プッチーニ:
オペラ『妖精ヴィッリ』より「幸せにみちたあの日々」

②オペラ『エドガール』より「快楽の宴、ガラスのような眼をしたキメラ」

③オペラ『マノン・レスコー』より「栗色、金髪の美人の中で」

④オペラ『マノン・レスコー』より「何とすばらしい美人」

⑤オペラ『マノン・レスコー』より「ご覧下さい、狂った僕を」

⑥オペラ『ラ・ボエーム』より「冷たい手を」

⑦オペラ『トスカ』より「星は光りぬ」

⑧オペラ『蝶々夫人』より「さらば、愛の家」

⑨オペラ『西部の娘』より「やがて来る自由の日」

⑩オペラ『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」

○オペラ前奏曲・間奏曲等(オーケストラ演奏)

ⅰ.歌劇《妖精ヴィッリ》より第2幕の間奏曲〈夜の宴〉

ⅱ.歌劇《マノン・レスコー》第3幕への間奏曲

ⅲ.歌劇《蝶々夫人》第2幕第2部の冒頭部分(間奏曲)

ⅳ.歌劇《修道女アンジェリカ》間奏曲

 

《アンコール曲》

1.「パリ!それは欲望の町」

2.歌劇《外套》より「お前の言うとおりだ」

3.歌劇《トゥーランドット》より「泣くな、リュー」Non piangere, Liù

4.歌劇《ジャンニ・スキッキ》より「フィレンツェは 花咲く木のように」

 

【演奏の模樣】

実際の演奏は、歌の合間にオーケストラ演奏が挿まれ次の順に行なわれました。

①『妖精ヴィッリ』より「幸せにみちたあの日々」

 

②『エドガール』より「快楽の宴、ガラスのような眼をしたキメラ」

 

ⅰ.歌劇《妖精ヴィッリ》より第2幕の間奏曲〈夜の宴〉


③『マノン・レスコー』より「栗色、金髪の美人の中で」


④『マノン・レスコー』より「何とすばらしい美人」

 

ⅱ.歌劇《マノン・レスコー》第3幕への間奏曲


⑤『マノン・レスコー』より「ご覧下さい、狂った僕を」

 

 《20分の休憩》


⑥『ラ・ボエーム』より「冷たい手を」4分44


⑦『トスカ』より「星は光りぬ」

  Tosca, Act III: E lucevan le stelle

 

ⅲ.歌劇《蝶々夫人》第2幕第2部の冒頭部分(間奏曲)


⑧『蝶々夫人』より「さらば、愛の家」2分10
  Madama Butterfly, Act III: Addio, fiorito assil 

⑨オペラ『西部の娘』より「やがて来る自由の日」

 

ⅳ.歌劇《修道女アンジェリカ》間奏曲


⑩『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」3分

 

 アラーニャの声質は、色っぽさをたたえるドミンゴのテノールとは一味違う、柔らかくて潤いのあるやはり百戦錬磨で鍛え上げた素晴らしいものでした。殆どの歌手のケースの様な、立ち上がりがなめらかでないことは、微塵も感じず、最初から最後までエンジン全開、会場からは、第一曲目から、大喝采とブラボーの声が湧き上がりました。特に、自分としては、⑥『ラ・ボエーム』より「冷たい手を」を歌うアラーニャは、静かな佇まいの歌いぶりのその中に、華やかなパリの雰囲気を体一杯吸い込んだ吸気を吐き出している様な華麗さが感じられました。これまで多くの歌手のこの歌をききましたが、この様な「冷たい手を」は生で聴いたことがないと思うほど感動しました。やはりアラーニャは、パリが良く似合う。

 

 予定していた全曲の演奏が終わると、またしても観客席は立ち上がって拍手する人多数、一人の若い女性が左翼かぶりつき席前から小走りに指揮台近くのアラーニャに近づき、花束を差し出しました。アラーニャは1963年6月7日 生まれ、一昨日で満61歳の誕生日を迎えたのですね。 それを知ってのファンなのか?歌に感激したファンなのか?アラーニャが花束を受け取って、何か指揮者の三ツ橋さんにささやくと(1階後方席なので聞こえません)、 三ツ橋さんは、誕生日のメロディを指揮し出したのでした。観客は、皆「ハッピーバースデー」の歌を歌いました。それが終わると、アラーニャは、アンコールの歌を歌い出しました。まず

1.「パリ!それは欲望の町」です。これもプッチーニの曲、歌劇『つばめ』第1幕(参考に概要記載)からです。

 観客は、歌い終わった歌手に盛大な拍手と声援を再び浴びせるのでした。彼は、指揮者の手を取り歓呼に応えて挨拶、袖に戻っては、再三アンコールの歌を歌い、これが、都合4回繰り返されたのです。4回目の「ジャンニスキッキ」を歌う前には、"この歌は若い人の歌だから、今年取った自分にはどうか?とも思うのだが"といった趣旨のことを言って会場を和ませ、そして歌の後半では、年を感じさせない見事なテノールを大ホール一杯にそれまで以上の迫力で、響かせたのでした。観客は、総立ちのスタンディングオーベーション、アラーニャは、今晩日本を立って明日はバルセロナの演奏会があるのでといった趣旨のことを話して、最後に左右のサイド席、後方席の方を向いて、丁寧に挨拶し、手を振りながら投げキッスをする仕草もして、会場を後にしたのでした。

 

 帰路に着く観客の「聴きに来て良かった」「大満足」「60歳にもなって随分若い」とか言った声が耳に入って来ました。

 申し遅れましたが、三橋・東フィルも大健闘、特にVc.首席とVa首席の長いソロ演奏は、大いに讃えられるべき素晴らしいものでした。アンサンブルも良く鳴って統制もとれていたし、いつだったかの他の演奏会で、メンバーが正員が少ない、とか何処の奏者なのか、等となじる演奏評も散見しましたが、その不評も払拭する、「オペラ演奏のスペシャリスト東フィル」を確認した演奏でした。

----------------------------------------------------------------------------

(参考)『つばめ第1幕』

登場人物
マグダ(S) / リゼット(S) マグダの小間使い / ルッジェーロ(T) ランバルトの旧友の息子 /
プルニエ(T) 詩人 / ランバルト(Br) 銀行家、マグダのパトロン

第1 幕
パリにあるマグダの家の豪華なサロン。ランバルトや友人たちが集まって談笑している。プルニエが恋愛
について語り、新作の詩を披露するが完成に至らず、マグダが後を引き継いで仕上げ(《ドレッタの美しい
夢》)、皆の称賛を浴びる。プルニエはマグダの手相を見て、つばめのように夢の国へと海を渡っていくが、
また元の巣に戻ってくるだろうと占う。そこへランバルトを訪ねたルッジェーロが案内されてきて、一同からパリで最初の夜を過ごすのに相応しい場所はブリエだと勧められる。皆が帰った後、プルニエはリゼットをマグダの衣装で着飾らせて連れ立って出て行き、マグダは小間使い姿に変装して一人で出かける。